夢言葉


詩のようなもの
by kinzo-tenshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
自己紹介
徒然と
詩のようなもの書いてます

一応
詩のようなもの

歌詞のようなものを
カテゴリー分けしました

自分と
距離感のある世界の方が
素直に書けそうです(笑)

覗いていただける方の
心のサプリメントになれば
と思っています

よろしくお願いします(^^♪

 風のスケッチ



  風が胸を吹きすぎる
  そんな季節に出会った笑顔
  いつの頃から忘れていた
  歌が空から降る


  僕があきらめていたもの
  君があこがれていたもの
  いつの頃から星になって
  歌が空から降る



    雨の降る日は心に傘を
    風の吹く日は寄り添って
    木漏れ陽の午後はまどろみ
    結んだ手と手で夢を見て



  まぶたを閉じれば遠くの街
  石畳を急ぐ二人
  霧笛が響く港までには
  ひとつの影になるだろう


  ここからどこへ歌が流れる
  どこからここへ声が届く
  君の目の中に僕がいて
  あての無い旅が始まる



    雨の降る日は心に傘を
    風の吹く日は寄り添って
    木漏れ陽の午後はまどろみ
    結んだ手と手で夢を見て・・・



f0061238_13515055.jpg

[PR]
# by kinzo-tenshi | 2011-10-16 13:55 | 歌の詩

   ひとり


   
  ひとりはさみしい

    ひとりとひとりはせつない

       ひとりとひとりでふたりなら・・・

          あたたかなけさのかぜが

             ふたりのこころとからだのなかにやどる

 

     やっぱり

        ぼくはひとりではこきゅうができない「せいぶつ」



f0061238_10581692.jpg

[PR]
# by kinzo-tenshi | 2007-04-15 11:14 | 夢の言葉

      はるのかおり




f0061238_17125738.jpg





      きまぐれな西の風が
    小さな春の香りと出遭った
    遠くて近い想い・・・
    同じ月夜を見てはぐくんできた



    きまぐれな西の空から
    僕は春の香りに歌声を届けたい
    その声は小さくて祈りのよう・・・
    同じ風の中を歩いてきたんだからね



        春はもうすぐ
        体も心も解凍したら
        ずっとこの季節につながっていたい



        朝はもうすぐ
        夜露は頬をつたう涙
        悲しいわけじゃないんだよ




    小さな花びらに唇を寄せて春を眠る夢・・・


[PR]
# by kinzo-tenshi | 2007-03-03 17:34 | 夢の言葉

     冬 の 虫

      
 
f0061238_16483269.jpg


      虫…虫…

    冬の景色 街行く人
    僕の唇凍っている


    風はガラス壊れてしまった
    君の瞳悲しんでる


       いつまで続く
       つらいゲームさ
       どこまで歩く
       小さなプライド

 
    コートの襟は立てたまま
    過ぎてゆく気まぐれな時間…




    隠れている仔犬達
    僕の掌 力ない


    ビルの陰光る空
    君の背中考えてる


       いつまで続く
       つらいゲームさ
       どこまで歩く
       小さなプライド


    僕の話は退屈だけど
    君のロマンスほどじゃない…




    何か言おうとしたけれど
    冷たい風が頬を殴る…


    君は綺麗になったけど
    二人はいつか虫になる…


       僕の心は北の空
       君の心はうわの空…


    僕もずいぶん我がままだけど
    二人はいつか虫になる…


    虫…虫…

[PR]
# by kinzo-tenshi | 2007-01-04 16:50 | 歌の詩

          指   針

    
    
f0061238_14393327.jpg


     



     東の空は暗かった
    ダケドこの足の萎えを励まして
    僕はその空に向かい歩き始めた




    乾いた目に夜明け前の風が意地悪をする
    ダケドこの手を吐く息で温めて
    僕は遠くの空に眼差しを送る




         方位磁石が僕の背骨
         汽笛はどこから来て何処へ流れていくのか
         口笛は僕の魂の形を忠実に再現したシャボンの泡




     西の空も暗かった
     ダカラ翼を持たない僕は
     少し優しくなれたのかもしれない




     新調したスニーカーは緊張のあまり
     今朝は少しよそよそしいけど・・・


     大丈夫さ 僕がずっと きっと側にいる

[PR]
# by kinzo-tenshi | 2006-12-22 14:42 | 夢の言葉

       冬の道化




f0061238_16404214.jpg




     闇を待つばかりの
    初冬の夕暮れ
    街中に在っても森の中を彷徨う
    一人の道化師
    墨を流したような空が彼を責める



         細く痩せたこの両足が
         たどり着く灯りは一体どこ?
         優しさを棄てきれないこの饒舌の
         眠る家はどこにあるのだろう?



    窓の矩形を仕方無く愛し
    鏡の残酷を許容した彼



         残された切り札-赤い薔薇
         闇のポケットにそっと忍ばせ
         凄惨に湿気た朝を待つ
         混濁した辛苦のカアド

[PR]
# by kinzo-tenshi | 2006-11-29 16:49 | 夢の言葉

        うつろマン


f0061238_142107.jpg




     前頭葉に霞がかかり
    手足がしびれて握力の無くなった男

    うつろマンが立ち上がる
    ゆっくりと枯れた木立のように力無く

     
         常備薬はいくつかの星
         銀河をすすって服用している


    体内の方位磁石は胃にばかり針を立てるので
    星を口に含みバランスを取るしかないってわけさ


    いつでも風に吹かれている
    いつでも道に迷っている
    いつでも最初の一歩が踏み出せない
    いつでも背中が剥がれ落ちることを心配している

    だから

    うつろマンはいつも困った優しい目をしている
    
    うつろな風が吹く街角に
    今夜もその男が立ち尽くしている
    涙の中に脈拍を浮かべながら待っている

[PR]
# by kinzo-tenshi | 2006-11-22 14:26 | 夢の言葉

         愛 の 燻 製



f0061238_21435432.jpg




     真っ直ぐな曲面世界に
      垂直に横たわる鏡の中の私



        砂塵の風は素粒子

           素粒子を全身に浴びた私

              私のフィルムは夜空に幻灯される




    輪舞曲を踊る貴女の鼓動
      ヒールの高さは嫉妬の深さ



        螺旋の酩酊

           酩酊に覚醒された今宵の貴女

              貴女のアンニュイは燻製になって
        
                 憂い朝の岸辺に流れ着くだろう





        そこで私は立ったまま眠っている

           きっと眠ったまま笑顔で貴女を待っている・・・

[PR]
# by kinzo-tenshi | 2006-11-11 22:01 | 夢の言葉

      店  番



f0061238_1944253.jpg



     私は「記憶堂」の店主
    いつも薄暗い店の奥で
    埃をかぶったったガラクタに囲まれている
    自ら掘り出し物を探している次第で一向に片付く気配がない


       たまに店先を訪れる奇特な客に
       白い一瞥を送るだけなのだから
       繁盛のしようもない


    そのようにして秋の一日が暮れていく・・・


    今「記憶堂」の屋根瓦の上で
    羽根を休めていたカラスが
    かぁ と力なく退屈な鳴き声を落とした

[PR]
# by kinzo-tenshi | 2006-11-03 19:14 | 夢の言葉

        海 想 と 水 考



     葉脈をなぞるように記憶をたどり

    僕は海の最も遠い一点に集中しようとしていた

    本棚に忘れた詩集の押し花を探す眼差し

    小さな波 大きな波・・・次第に僕の精神が脈打つ

    海鳥に気付かれないよう静かに


            流されて 打ち上げられて 干からびて
   
            潮の汗 塩の涙 砂を食む・・・

            それでは詩が暗くなる


            徒波知らずの海中 忘却の密やかな成長

            揺らされて クラゲのよう 優しくなる

            これがよろしい




f0061238_1243611.jpg

[PR]
# by kinzo-tenshi | 2006-10-21 12:46 | 夢の言葉


最新のトラックバック
人生の中で一番泣いた
from 卒業式
またコメントくれましたね
from エレナです!!
かなちゃ~ん!ぼくのトゥ..
from 博士
私に調教されたいブタ男は..
from 巫女
Sなのに
from 秘姫
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
渋谷ではたらくギャルサー..
from ショップ店員の派手な外見とは..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧